お客様に寄り添い、最適な提案をいたします。

家族信託相談窓口ではお客様のお悩みに最適な解決方法をご提案いたします。
遺言や契約、家族信託の運用方法など幅広く対応しておりますので、お気軽にご相談ください。
下記、主なサービス内容となります。気になる点等ございましたら、お電話もしくはフォームよりお問い合わせください。
  • 遺言による家族信託の構築及びコンサルティング
  • 契約による家族信託の構築及びコンサルティング
  • 家族信託導入後のコンサルティング、円滑な稼働へのアドバイス
  • 受託者への監督機能として、信託監督人への就任

サポートの流れ

STEP
01

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームより、お問い合わせをお願いいたします。
お問い合わせフォームよりお問い合わせいただく際は、
お分かりになる範囲で結構ですので、記載をお願い致します。
お問い合わせ
STEP
02

ご面談

初回に家族信託の考え方について説明させていただきます。お客様のご依頼内容を確認させて頂きます。信託契約が必要なのか・信託以外の方法(遺言、後見制度)がないのか、検討致します。可能であれば、委託者・受託者・受益者及び相続人の方、全員が揃ったタイミングが宜しいと思います。ご面談に際し、以下の事項について、お伺いします。
  • 誰が誰に対して信託するのか?
  • 何のために信託をするのか?この時点で遺言でも対応可能な場合、その旨をお伝えします。
  • 何を信託財産とするのか?
  • 残余財産の帰属先を誰とするのか?
その他に、家族構成や保有されている資産について状況をお聞きします。
信託のことはよくわからない、面談時点で決定していないこともあるという方でもご安心ください。オーダーメイドのように、信託契約に必要となる事項を決定していきます。
ご面談
STEP
03

原案の作成

家族信託に必要な資料の収集を行い、お客様のご意向に沿った原案を作成します。信託契約を締結する場合、公正証書とすることをお勧めしております。公証人との打ち合わせを行い、信託契約に加筆・修正を行います。
公正証書とするメリット
  • 公証人をセカンドオピニオンとして利用できる。
  • 信託専用口座を開設したり、信託登記を申請する際に、スムーズです。
原案の作成
STEP
04

公証人役場にて、家族信託契約書への署名押印

公証役場に行き、公証人の前で署名と押印をしていただきます。
勿論、公証人役場にも同行させて頂きます。
公証人役場にて、家族信託契約書への署名押印
STEP
05

信託契約書や遺言の引き渡し&報酬のお支払い

これで全ての業務が完了です。
お預かりした資料の返却と一緒に請求書をお送りさせていただきます。
信託契約書や遺言の引き渡し&報酬のお支払い
STEP
06

その他(信託財産の移行手続きやスポットでの相談)

信託財産が不動産の場合、登記申請が必要となります。
専属の司法書士をご紹介します。預貯金が対象となる場合、信託専用の口座を作成いただき、預金移動をすることとなります。

また、信託に係る不安や疑問があれば、スポットでの相談にも対応させて頂きます。
お気軽にお申し付けください。
その他(信託財産の移行手続きやスポットでの相談)
  • お問い合わせフォーム
  • 事例紹介